HOME » 一戸建て購入の前に読むページ » 注文住宅と建売住宅、どっちを選ぶ?

注文住宅と建売住宅、どっちを選ぶ?

一戸建て住宅を購入するなら注文住宅か、それとも建売住宅か。価格やデザイン、アフターサービスなどの要素別に比較しました。

住みたいのはどちら?注文住宅と建売住宅を比較検証

建売であれ注文であれ、住まいの購入は一生で最も高いお買い物。購入後に失敗したと後悔することがないよう、建売住宅、注文住宅それぞれの特徴を踏まえて判断しましょう。では、どのような点に違いがあるのか。以下に、それぞれの項目で比較しました。比較検討する際にぜひ覚えておきましょう。

価格・費用面

一般的には「建売の方が注文より安価」という傾向があります。また建売は土地・設計費・工事費などすべて込みの価格であるのに対し、注文ではそれぞれに費用が発生します。

一方、注文住宅は事前に予算を伝えたうえで、その範囲内で必要なものだけを採り入れ不要なものは外すなど、自由設計の家が建設できるメリットがあります。

土地

建売住宅の場合、土地はすでに決まっていますが、注文住宅なら自分の好きなところに建てられるのがメリット。狭小地・変形地などでも、自治体の条例や不動産会社による条件が少なからずあるとはいえ、注文住宅ならどこでも自由に購入できます。

イメージのしやすさ

注文住宅は事前に図面や完成予想図などで判断しなければならないのに対し、建売住宅は完成した物件そのものを見たうえで決めることができます。

間取り・デザイン

注文住宅は基本的に自由設計なので要望に準じた形にでき、納得いくまで検討できるため満足度は高くなります。

これに対し、建売の場合はできあがっているものが気に入るか否か、どこで納得・妥協できるかという観点になってきます。

構造・構法および増改築

注文住宅では、施主の要望に応じた構造・構法を決定した上で設計できますが、建売の場合、選択の余地はありません。また注文住宅は将来的な増改築を行いやすい構造にしておくことが可能なのに対し、建売ではどの構造を採用しているかによって増改築の自由度が決定します。

品質/欠陥のチェック

注文住宅の場合、工事が目に見える形で進むため、施主自身である程度チェックが可能。建売の場合、建築過程は見ることができないため、施主によるチェックはほぼ不可能。利益追求のため見えない部分で手を抜かれている可能性もあります。

アフターサービス

注文住宅は施工会社とより深い関係となるため、アフターサービスの面でも親密に対応してもらえます。建売住宅の場合、不動産業者が窓口となり施工会社とは距離が置かれるため、不動産業者がどのような対応をとるかに左右されがちです。

以上のポイントをまとめると、こだわりはもちろん、よりよい住まいを入手したいのであれば、注文住宅の方がおすすめでしょう。

もちろん建売住宅がダメという訳ではありません。価格や間取り、デザインなどが納得でき、アフターサービスなどもしっかりしてさえいれば何ら問題はないでしょう。

建売では満足できない方のために

注文住宅は確かに費用面で高くなりがちですが、必要条件によっては建売より安くすることも可能です。

それに最近では、セミオーダーの住宅プランを提供している会社も増えています。

例えば、建築条件付きの土地を扱っている会社などで、既存のプランに一部自分仕様にアレンジ(カスタマイズ)できる物件などを扱う会社もあります。

会社によっては、豊富なオプションやプランにより通常の注文住宅と変わらないくらい自由度の高い設計が可能な場合もありますので、「建売では満足できない、でも注文住宅を買う予算がない…」という方は、こうしたセミオーダーの物件を扱っている業者で検討してみてはいかがでしょうか?

>>志木エリアの一戸建てに強い不動産会社は?<<