HOME » 一戸建て購入の前に読むページ » 新婚カップルが志木市の戸建て・マンションを買う前に考えるべきこと

新婚カップルが志木市の戸建て・マンションを買う前に考えるべきこと

結婚は楽しいことばかりではありません。子供を望んでいるのか。夫婦だけで暮らしたいのか。

10年後や15年後を想定して決めてください。マンションを買ったほうが得な場合もあります。

その反対に戸建てを選んだほうが良い場合もあります。2人で話し合って進めましょう。

新婚カップルはマンションを買う前に考えよう

将来的に住み替えの可能性も視野に

マンションに夫婦2人だけで暮らすなら不自由ではありませんが、家族が増えるといろいろな不都合も出てきます。

子供は1人だけ。そう決めているならスペース的な問題もありませんが、これが3人になると難しくなってくるのです。成長すればそれぞれに個室が必要となるため、それなりの広さが求められるでしょう。そのため、住み替え前提で買ったほうが良いかもしれません。

また、将来的に実家の土地へ家を建てる。地元に帰る可能性がある。こういった場合でも、住み替え前提で考えるほうが良いでしょう。

「それではお金がもったいないのでは?」という声も聞こえますが、新築ではなく中古マンションであれば、思っているより費用は軽減されます。

マンションのほうが時間を有効に使える

実際に住んでみなければ分からないところもありますが、お互いに共働きの場合は管理が難しくなるため、管理会社が入っているマンションのほうが負担も少なくて済みます。

管理会社が入っていれば、専有面積だけの管理で終わります。戸建てになると町内会や地域の清掃活動があるため、仕事で忙しくしている人は調整が必要になります。その点では管理会社へ委託しているマンションのほうが、時間を有効に使えるでしょう。

固定資産税は建物だけ

マンションは、戸建てのように土地へは課税されません。そのため固定資産税は、建物だけに課税されます。いきなり戸建てを買うことに迷いがある場合は、マンションを候補に入れてみましょう。

新婚カップルは戸建てを買う前に考えよう

プライベートを充実させるなら戸建て

旦那さんが自営業で、妻がそれを手伝っている。もしくは、共働きでも専業主婦になる可能性がある。パート勤務なので、それほどハードには働かない。仕事の形態によってさまざまな状況が想定されますが、仕事以外の時間を多くとれるようなら戸建てもおススメです。

戸建てになると庭が付いてくるため、ガーデニングなども楽しめます。イングリッシュガーデンに仕上げる。日本庭園をイメージした和のテイストでまとめる。そんな素敵な空間を演出することもできるため、庭いじりをしたい人は戸建てを選んでください。

戸建てからマンションへの住み替えもあり

少し郊外に戸建てを買った場合は、年をとると不便に感じてきます。病院や買い物へ行くときなど、日常生活で不自由を感じることもあるでしょう。年齢を重ねてから、アクセスの良い中心部へ住み替える人も多いので、戸建てからマンションへ移る選択肢もあります。

また、自分たちの住んでいる家を子供に譲る。そんなパターンも考えられるため、戸建てのほうが良い場合も。人生をどう生きていくか。どんな未来を思い描くかによって、戸建てをどのように活用するかも変わってくるでしょう。