HOME » 一戸建て購入の前に読むページ » 不動産会社選びですべてが決まる!?

不動産会社選びですべてが決まる!?

一戸建て住宅を扱う不動産会社の選び方について、ポイントを解説しています。

どのような選び方が正しい?不動産会社探しのコツ

不動産会社は、大手から地域密着型まで星の数ほどあります。その中から信頼できる会社を選ぶのは、実に至難の業。しかし、不動産会社の選び方で失敗すると、それは購入する一戸建て住宅選びの失敗にも直結します。

決して安直には選ばず、慎重にチェックを重ねてください。主なチェックポイントは以下の通りです。

宅建免許

民間の不動産会社が土地や建物の売買や仲介業などを営むには、宅地建物取引業免許が必要です。ホームページや広告、事務所に免許番号が明記されているかどうかをチェックしましょう。もちろん、不表示の業者は論外です。

ちなみに「国土交通大臣(○)あるいはXX県知事(○)の○部分に入る数字は更新回数となり、数が多いほど歴史・実績ともに豊富な会社と判断できます。

役所での確認

宅建免許が国土交通大臣免許の場合、本社所在地を所轄する同省の出先機関の宅建業担当部署、都道府県知事免許なら各都道府県の宅建業担当部署にて、業者名簿を無料で閲覧できます。不動産会社の経歴などをチェックしておきましょう。

ちなみに役所によっては専門の相談員を配置してアドバイスを行っているところもあるので利用してみるとよいでしょう。

業界団体への加盟

多くの不動産会社は、業界団体に加盟しています。健全な取引のための取り組みや資格審査などをクリアしていれば安心度も高くなりますし、万一のトラブル時には、業界団体がトラブルの相談を受け付けてくれる場合もあります。

相談の際の対応

質問や問い合わせに対するレスポンスがよい、施主がイメージしやすい資料などを用意してくれるなど、不動産会社の対応が優秀であれば、期待も高く持てます。

加えて、土地探しや地盤調査、ローンに関する相談などに対応できる人材がいると、なおポイントは高いと言ってよいでしょう。

逆に依頼者の話をしっかり聞かず、数回程度の打ち合わせで契約を迫ってくる、だんだん態度が投げやりになってくるようなところは避けた方が賢明です。

地域密着型と大手、どちらを選ぶべきか?

先に結論を言えば、どちらもメリット・デメリットがあり一概には決められません。以下の特性を理解したうえで、ご自分の望む住宅に適しているのはどちらかを判断しましょう。

地域密着型不動産会社 大手不動産会社
●地域に密着しているため、地元の情報には特に詳しい。
●大家さんとの繋がりが深く、直接任されている物件なども多い。
●掘り出し物が見つかる期待も高い。
●独断で営業しているため融通が利きやすい反面、扱う物件数やエリアには限りがある。
●知名度による「安心感」やグループネットワークにより、多彩な物件を紹介してもらえる可能性が高い。
●社員教育なども一定の水準に達している場合が多く、相性に悩まされる可能性は低い。
●会社のマニュアルや方針があるため、融通は利きにくい。
●利益やノルマ達成のため、営業構成が頻繁になる可能性もある。

なお、これらはあくまでも「傾向」であり実際には業者によっても細かく異なります。

繰り返しになりますが、これらの傾向を参考にしながら、その業者がどのような強みや弱点があるのかをしっかり把握したうえで、業者を選ぶようにしましょう。

>>志木エリアの一戸建て相場をチェックする<<