HOME » 住みやすさは?気になるタウン生活情報@埼玉志木エリア » 志木エリアで騙されないために!事前にチェックしておきたい不動産売却の注意点とは?

志木エリアで騙されないために!事前にチェックしておきたい不動産売却の注意点とは?

志木に住居予定の方、また不動産を購入予定のあなた。

不動産の売却は大金の関わる非常に重要な作業ですので、慎重に行いたいですよね。

あなたの資産である不動産を守るためにも、これからご紹介する点を是非チェックしてください。

物件の価格に合わせて不動産会社を選ぶ

物件の価格に合わせて不動産会社を選ぶことが少しでも高く売るポイントです。

5000万円未満の物件の場合

個人が購入できる5000万円未満の物件は、地元の不動産会社に買い取りを依頼するのがおすすめです。地元にどんな不動産会社があるか、事前にリサーチしておきましょう。

5000万円以上の物件の場合

一個人が購入するのが難しい5000万以上の高額物件は、専門の不動産会社に買い取りを依頼するのがおすすめです。そういった不動産会社は状況や物件に合わせ、買い取りした高額な物件を探しているお客様に売ったり分割して複数の方に売却したりして売却してくれます。

税金や相続に関わる物件の場合

税金や相続が関わっている物件は売却する方法や条件、タイミングによっては売主が損をしてしまうことがあります。そのような物件は一番良い売却方法を素人が判断するのは難しい場合が多いので、グループ内に税理士事務所があり、実績もある不動産会社に依頼することをおすすめします。

基本だが複数の不動産会社に相見積を取る

不動産会社により査定基準などが異なることから、ひとつの不動産会社に査定を任せてしまいますと、損をしてしまう可能性があります。 場合によっては100万円以上も差が出てしまうことがありますので、必ず複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。

契約書を細部まで確認する

署名捺印する前に契約書をしっかり確認してください。販売価格や仲介手数料、販売条件の他に、売却した後、物件に欠陥やトラブルが発生した場合の責任の所在や保証などについて記載されているかを確認しましょう。場合によっては売主が買主に保証や供託措置を取らなければならないので、その点も含めて細部まで確認することをおすすめします。

しっかりと準備をして引き渡しをおこなう

物件を売却したら、登記などを事前に準備し、所有権移転します。引き渡しがスムーズにいかず引き渡し期限を過ぎてしまいますと、違約金が発生してしまうこともありますので、間に合うように各種手続きを行いましょう。

不動産の状況に合わせて注意したい点とは?

不動産の状況によっては、行わなければならない手続きなどが異なる場合があります。

相続した不動産は相続登記しておく

相続した物件は売却するために相続登記をしておきましょう。相続した物件を売却する際、売り方や条件によっては税金などが沢山かかってしまうことがありますので、事前に相続した物件売却の実績がある税理士に相談することをおすすめします。

ローン残債がある場合は抵当権を抹消しておく

抵当権がついている物件は、基本的に売れません。ですので、物件を売却した際にローン残債を返却し、抵当権を抹消する必要があります。

賃貸中の不動産は管理費等を清算しておく

管理費や修繕積立の滞納などは買い手に知らせる義務がありますので、印象を良くして少しでも高く売るために清算しておくことをおすすめします。また賃貸中の不動産は(購入額年間の家賃収入÷利回りで割った額)が6パーセントから10パーセント以上ないと売れず、査定額が厳しいという特徴があります。

志木で不動産を高く売るポイントとは?

埼玉県志木で不動産を高く売る際のポイントは、「志木の不動産会社を徹底的にチェックすること」です。

既にご紹介しました通り、5000万円未満の物件の場合は特に地元の不動産会社に良い条件で高く売れる可能性がありますので、志木の物件は志木の不動産会社に売りましょう。志木の不動産会社の情報は、チラシやホームページなどで得ることができますので是非チェックしてください。

あなたの大切な不動産を志木で売却なさる際は、ご紹介させて頂きました注意点をご参考ください。