HOME » 住みやすさは?気になるタウン生活情報@埼玉志木エリア » 交通

交通

志木市および志木駅周辺の交通事情に関して、志木駅、柳瀬川駅、バス路線、駐輪場などの情報を取りまとめて紹介します。

志木駅、柳瀬川駅、バス路線、駐輪場などの情報案内

志木市には東武東上線の志木駅(駅の一部は新座市)と柳瀬川駅があり、都心への通勤圏内として着目されていましたが、東武東上線の東京メトロ乗り入れ、そして東急東横線との相互直通運転の開始により、神奈川方面へのアクセス利便性も一段と高まっています。

これから住宅を入手される方にとっては見逃せないエリアのひとつです。

参考までに始発・終電の時間を紹介すると、志木駅の平日東京方面への始発は4:57発(池袋行)、東京方面からの終電は1:04着(池袋発川越市行)。柳瀬川駅の平日東京方面への始発は5:06発(池袋行)、東京方面からの終電は1:07着(池袋発川越市行)となっており、東京・神奈川方面へは十分の通勤・通学圏内と言えます。(2016年4月現在の時刻表を参考)

なお東武東上線の志木駅、柳瀬川駅は、双方とも市の西部の端を通っているため、宗岡地区など市の東部エリアなどは駅から距離があります。

しかし、志木駅からは市内をカバーする路線バスが東武バスウエストおよび国際興業バスによって運行されています。また、隣接する北朝霞駅からは下宗岡エリアを循環するバスも利用できるようになっています。

志木駅を発着するバス路線の多くは、志木市役所までは共通路線を通り、志木市役所を過ぎると系統によって路線が枝分かれしていく方式となっています。

また、志木駅には南口にもバスターミナルがあり、東武バスウエストと国際興業バスに加え、西武バスも運行。新座市北部を中心に多数の路線バスの起点となっているほか、立教大学へのスクールバス、成田・羽田空港への直行リムジンバスも出ています。

志木駅東口発バス路線

◆東武バスウエスト

  • [志21] 志木市役所・下南畑経由 富士見高校行き
  • [志23] 北朝霞駅・宮台経由 朝霞駅東口行き
  • [志24] 市場坂上経由 新座車庫行き
  • [志25] 岡ノ坂上・下南畑経由 ららぽーと富士見行き

◆国際興業バス

  • [志01] 秋ヶ瀬橋・中浦和駅・県庁前経由 浦和駅西口行き
  • [志01-2] 秋ヶ瀬橋経由 西浦和車庫行き
  • [志03-3] 宿・埼玉大学経由 南与野駅西口行き
  • [志04] 志木市民会館・中野下住宅経由 柳瀬川駅行き
  • [志04-2] 志木市民会館・志木市役所前・中野下住宅経由 柳瀬川駅行き
  • [志05] 宗岡循環(宿先回り/宗岡先回り)
  • [志05-2] 宿回り 中宗岡経由 下宗岡三丁目行き(深夜バス運行あり)
  • [志05-3] 宿軽油 中宗岡行き
  • [志80] 宗岡小学校行き
  • [朝11] 水道道路入口・膝折経由 朝霞駅南口行き

志木駅南口発バス路線

◆西武バス(新座営業所)

  • [志32] 大和田経由 跡見女子大学行き
  • [志34] 東一丁目経由 新座営業所行き
  • [志33] 菅沢中央経由 新座営業所行き
  • [志35] 大和田経由 福祉センター入口行き
  • [朝24] 泉水三丁目経由 朝霞台駅行き
  • [清61] グリーンタウン清戸経由 清瀬駅北口行き
  • [清62] 清瀬市役所経由 清瀬駅北口行き
  • [ひばり73] 東一丁目経由 ひばりヶ丘駅北口行き
  • [ひばり75] 大和田経由 ひばりヶ丘駅北口行き
  • [所52] 跡見女子大学・東所沢駅経由 所沢駅東口行き

◆国際興業バス(西浦和営業所)・西武バス(新座営業所)

  • [志09-2] 凸版印刷行き(共同運行)

◆東武バスウエスト(新座営業事務所)・西武バス(新座営業所)

  • [志31] 富士見ヶ丘団地経由 新座団地行き(共同運行)
  • [朝04・志26] 富士見ヶ丘経由 新座車庫行き
  • [朝04] 朝霞台駅・溝沼経由 朝霞駅東口行き

その他、東武バスウエストほかが運行する空港連絡バス(成田・羽田行)や、スカイツリーシャトル(東京スカイツリータウン行き)、西武総合企画が運航する立教新座キャンパス行き(直通)も南口より出ています。

柳瀬川駅発バス路線

柳瀬川駅からは国際興業バスによって志木駅とを結ぶ路線が運行されており、中野下、柏町といったエリアをカバーしています。

◆国際興業バス

  • [志04] 志木駅東口行き(平日の朝夕と土曜・休日のみ運行)
  • [志04-2] 志木駅東口行き(志木市役所前経由、平日の日中のみ運行)

志木駅および柳瀬川駅の駐輪場について

志木駅および柳瀬川駅には双方とも駐輪場が設備されており、自転車での駅利用環境も整えられています。

以上の通り、志木市は鉄道、路線バスともしっかり確立されており、通勤・通学などの便もよいと言えます。

不動産を探すなら志木市!高齢者にやさしい志木市デマンド交通

志木市では、市民の足として「デマンド交通」を導入しています。 ここからは、志木市のデマンド交通について解説します。

デマンド交通は高齢者や障害者、妊婦などが利用できる

デマンド(demand)は「需要」という意味の英語。路線バスのように、常に決められた路線をダイヤに従って走るのではなく、乗客が必要とする時に必要な区間だけを走る公共交通機関です。

志木市は市内のタクシー業者と提携し、デマンド交通を導入しています。見た目はタクシーと同じ普通乗用車ですが、タクシーとの違いは低料金なこと。利用料金は段階制になっていて、タクシー料金換算で1,000円未満の距離なら一律300円。1,000~1,500円の場合は1回500円。1,500円以上なら1回1,000円です。

利用できるのは、志木市内に住民登録をしている65歳以上の高齢者、身体・知的・精神障害があり手帳の交付を受けている人、妊婦、未就学児(16歳以上の同乗が必要)です。事前に申請し、利用者証の発行を受けることでデマンド交通が利用できるようになります。

デマンド交通の運行は、月曜から土曜の朝8時30分から午後5時まで。日曜祝日と、12月29日から1月3日の年末年始は運行していません。

デマンド交通の利用方法

実際にデマンド交通を利用するときには、業者に直接電話で連絡をして予約をします。予約は1週間前から当日まで可能です。

乗降できる場所は、あらかじめ設定されている共通乗降場と自宅のみ。自宅から共通乗降場の間だけでなく、共通乗降場から共通乗降場といった利用もできます。

共通乗降場は2017年9月現在で、市内405ヵ所に設けられています。志木市役所や総合福祉センターといった公共施設、小学校や保育園などの教育機関、スーパーやファミリーレストランなどの商業施設、医療機関や薬局などが共通乗降場となっているため、日常生活に必要な場所はほぼ網羅されています。

デマンド交通を利用する際の注意点は?

デマンド交通では、予約した区間以外への立ち寄りや途中下車はできません。予約を取り消した場合はキャンセル料がかかることもあります。

また、デマンド交通に乗れるのは利用者証を持っている人だけで、知人を同乗させることはできません。未就学児が利用する場合は、16歳以上の保護者以外に小学生までの兄弟姉妹も同乗できます。

乗り降りに介助が必要な場合は、利用者証を持っていない介助者も同乗できますが、運転手に介助を求めることはできませんので注意しましょう。

不動産を探すならデマンド交通で日常生活が安心な志木市がおすすめ

デマンド交通が本格導入されたのは2016年4月ですが、それ以降も共通乗降場は順次増やされているため、これからさらに便利になっていくことも期待できます。

高齢者や障害者をはじめ、妊婦や小さなお子さんを連れている場合にも嬉しいデマンド交通。埼玉県で不動産を探すなら、便利な交通手段を持つ志木市も候補に入れてみてはいかがでしょうか。