志木エリアで不動産を購入
するならココ!厳選5社

まずはじめに、志木駅周辺の不動産会社の中から、志木エリアに根ざした5社をご紹介。すべて仲介手数料が不要で、かつ高品質な「自社物件」を取り扱う不動産会社にこだわったセレクトです。志木駅周辺で不動産会社選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

住協 朝霞台

住協の物件イメージ1
引用元:住協HP(http://www.jyu-g.co.jp/article/show/57338/)
住協の物件イメージ2
引用元:住協HP(http://www.jyu-g.co.jp/article/show/54459/)
住協の物件イメージ3
引用元:住協HP(http://www.jyu-g.co.jp/article/show/53453/)
  • 自社物件の取扱い

    新築はすべて自社物件。

    エコで快適な家「J-ECO」、 耐震・制震構造の「J-GVA」など多数のブランドを展開。

  • 保証年数

    最長35年

  • おすすめポイント

    • 土地探しから設計・施工、アフターフォローに至るまで、自社一貫体制で対応。
    • 設計プランナー、建築士、インテリアコーディネーターなどの専門スタッフが社内に多数在籍。
    • 建築実績は1万戸以上。埼玉の一部エリアでは、ホームビルダー部門で8年間連続1位。

住協 朝霞台の物件例をもっと見る>>

住協 朝霞台で購入された方の口コミ

  • 住協の「J-ECO住宅」で家を建てました。断熱性と気密性がとても優れているので、夏も冬も快適。防音効果にも優れているので、趣味の楽器も気兼ねなく楽しめます。

  • 打ち合わせのとき、家づくりの素人である私たちに、丁寧な説明をしてくださったこと、わがままな申し出にも最後まで付き合ってくださった対応に、とても感謝しています。

  • この家に住む前と比べて、家で過ごす時間が長くなりました。とても快適で居心地のいい家を建てるなら、住協はオススメですね。

  • 設計の方には、だいぶ迷惑をかけたと思います。一度、図面がひっくり返ったこともありましたし。そんな我々にも、とても親切に対応していただけたので、プロフェッショナルは違うなと思いました。

  • 庭付きの一戸建てを探していたのですが、土地探しから設計・施工まですべて住協で対応していただきました。アフターサポートもよろしくお願いします!

  • 所在地

    埼玉県朝霞市東弁財2-12-23

    URL

    http://www.jyu-g.co.jp/asaka/

康和ホーム

康和ホームの物件イメージ1
引用元:康和ホームHP(http://www.kowahome.co.jp/gallery/otitukinoaru-otonamodann.html)
康和ホームの物件イメージ2
引用元:康和ホームHP(http://www.kowahome.co.jp/producers/naturalsharp.html)
康和ホームの物件イメージ3
引用元:康和ホームHP(http://www.kowahome.co.jp/gallery/gallery1.html)
  • 自社物件の取扱い

    自社物件が中心。

    注文住宅ブランドの取扱い豊富。

  • 保証年数

    最長10年

  • おすすめポイント

    • 注文住宅ブランドのほか、建売のオリジナルブランド「ラピュータウン」なども展開。
    • 住宅用地の確保から、調査、企画、設計、施工、販売、ローン斡旋、アフターフォローに至るまでワンストップ対応。

康和ホームの物件例をもっと見る>>

康和ホームで購入された方の口コミ

  • 康和ホームの営業の方をはじめ、大工さんも受付の方も仕事に熱心という印象。打ち合わせ時にもいろいろ意見を出し合い、とても楽しい時間でした。

  • 不明点や疑問点に対して、ひとつひとつ丁寧に応えてくださり、誠実な方が多い会社だと思います。こだわりの注文住宅を建てるなら、康和ホームはオススメです。

  • デザイナーズ住宅のセンスがいい。女性デザイナーのプロデュースということもあって、デザインだけでなく女性目線の家事動線や機能などにも優れた家を提供してくれます。

  • 所在地

    埼玉県朝霞市西弁財2-4-20 ステイラー2階

    URL

    http://www.kowahome.co.jp/

かつみ不動産

かつみ不動産の物件イメージ1
引用元:かつみ不動産HP(http://baibai.katsumi-f.co.jp/making/gallery.html)
かつみ不動産の物件イメージ2
引用元:かつみ不動産HP(http://baibai.katsumi-f.co.jp/making/gallery.html)
かつみ不動産の物件イメージ3
引用元:かつみ不動産HP(http://baibai.katsumi-f.co.jp/lineup/versole.html)
  • 自社物件の取扱い

    自社ブランド「ファミーユ」シリーズなど、一部自社物件を取扱い。

  • 保証年数

    最長10年

  • おすすめポイント

    • 女性デザイナーが手掛ける注文住宅「ファミーユ」シリーズは、オシャレな住まいとして定評。
    • 建設・販売、土地活用のコンサルティング、既存住宅のリフォームなど、住まいに関する事業を幅広く展開。

かつみ不動産の物件例をもっと見る>>

かつみ不動産で購入された方の口コミ

  • 「ファミーユ」の見学会を見て、かつみ不動産の家にほれました。南欧風のデザインで、外観も内装もとてもオシャレ。こんな家に住んでみたいと思い、かつみ不動産に依頼しました。

  • 価格が明朗会計でわかりやすく、安心して契約しました。建売でしたが、建設中だったので間取りの変更などある程度融通が利いたことも、決め手になりましたね。

  • アフターサポートが充実しています。その際に、家のことに関していろいろ相談にのってくれるので、ありがたい存在です。

  • 所在地

    埼玉県新座市東北2-37-12 磯川ビル2階

    URL

    http://www.katsumi-f.co.jp/

マックホーム 

マックホームの物件イメージ1
引用元:マックホームHP(http://www.machome.jp/s_r_34531/)
マックホームの物件イメージ2
引用元:マックホームHP(http://www.machome.jp/s_r_47272/)
マックホームの物件イメージ3
引用元:マックホームHP(http://www.machome.jp/s_r_46427/)
  • 自社物件の取扱い

    自社物件が中心。

    注文住宅2ブランドを展開。

  • 保証年数

    最長10年

  • おすすめポイント

    • 耐火性に優れた省令準耐火構造の「レヴェール」と、育児ママの意見を集約した「マミーディア」という注文住宅ブランドを展開。
    • 施工は協力会社が対応するが、万一不備があればその協力会社には今後依頼しないよう、厳格なチェック体制を整えている。

マックホームの物件例をもっと見る>>

マックホームで購入された方の口コミ

  • マックホームの物件は、家族ともども気に入っていたので購入に迷いはありませんでした。収納が豊富な家でしたので、とても過ごしやすいです。

  • 駅近で日当たりも良く、いい物件にめぐりあえたと思います。室内も家事動線がよく、文句なしで購入できました。

  • キッチンで家事をしていても子どもたちの様子が見渡せる、安心できる住まいを購入できました。

  • 所在地

    埼玉県朝霞市東弁財3-16-5

    URL

    http://www.machome.jp/

東上住宅

東上住宅の物件イメージ1
引用元:東上住宅HP(http://www.general-mediation.jp/properties/main_view.php?no=1029&category=buy)
東上住宅の物件イメージ2
引用元:東上住宅HP(http://www.general-mediation.jp/properties/main_view.php?no=1091&category=buy)
東上住宅の物件イメージ3
引用元:東上住宅HP(http://www.general-mediation.jp/properties/main_view.php?no=1138&category=buy)
  • 自社物件の取扱い

    ローコスト住宅を中心に、自社物件を一部取扱い。

  • 保証年数

    最長10年

  • おすすめポイント

    • 志木駅近くでも2,000万円台の分譲住宅や注文住宅を提供するなど、ローコスト住宅に強み
    • 設計・施工は外部の協力会社が対応。自社は営業とコンサルティングがメイン。

東上住宅の物件例をもっと見る>>

東上住宅で購入された方の口コミ

  • 私たちの希望と予算にあった家を探してくれるだけでなく、ライフスタイルの細かな点まで加味して最適な家を提案してくれる会社です。

  • ローコストの割に、デザインもよい家になりました。設計段階では何度も打ち合わせを重ね、担当の方にはご苦労をかけましたが、おかげで大満足の家が建てられました。

  • ローンや保険などコンサルティングに強い会社です。知人が、頭金10万円で注文住宅を建てたと言っていました。担当者の知識も豊富で、いろいろな提案もしてくれたようです。

  • 所在地

    埼玉県志木市本町5-20-12 サンシャイン志木3階

    URL

    http://www.general-mediation.jp/

志木駅周辺でオススメ不動産会社のポイントとは?

取り上げた5社は、一戸建て、マンション、土地など物件の豊富さはもちろん、なんといっても自社ブランド物件を提供している点が魅力。その理由とは?さらに掘り下げて紹介していきましょう。

  • 注文住宅より
    リーズナブルに理想の
    住まいが手に入る!
  • 土地探しから
    設計・施工まで
    自社一貫対応
  • 自社物件なら
    アフターフォローも
    充実!

注文住宅よりリーズナブルに理想の住まいが手に入る

自社で物件を持つことの最大の魅力といえば「仲介手数料がかからない」ことが挙げられます。仲介手数料は、「売買価格の3%+6万円+消費税」を上限に設定されます。

  • 例)3,000万円の物件を購入した場合
  • 「3,000万円の3%+6万円+消費税(8%)=1,036,800円」が手数料

マミーディア/マックホームHP
http://reveur.jp/mamidea/design/

自社物件であれば、この車1台が買えるような金額がかからず、よりリーズナブルに手に入れることができるのです。

ただ、それだけではありません。不動産会社によっては「理想により近い家が建てられる」というケースもあります。例えば住協の場合、所有する土地(建築条件付きの売地)に家を建てる際、間取りや内装デザインなどをある程度カスタマイズできるサービスを展開。あたかも注文住宅のようなこだわりを反映させることも可能なのです。

 

同じように自社ブランドを展開するマックホームでは、高品質・高機能を重視した「REVEUR(レヴェール)」や子育てに適した環境にこだわった「Mam'idea(マミーディア)」などの人気ブランドを、自社物件でも提供しています。

東上住宅もオシャレな家が多く、しかもローコスト住宅とあって、よりリーズナブルな住まいが手に入ると評判も高いようです。

「建売では満足できない、でも注文住宅を買うほど予算がない」という方には、ピッタリだと言えるでしょう。

土地探しから設計・施工まで自社一貫対応

プロデューサーズのイメージ画像

プロデューサーズ/康和ホームHP
http://www.kowahome.co.jp/producers.html

自社物件を展開する不動産会社であれば、土地探しはもちろん、設計・施工に至るまで、ワンストップで対応できることもメリットの一つ。責任の所在も明確なので、安心感がありますよね。

上記で取り上げた5社は、いずれも不動産会社でありながら設計・施工ができる工務店としての顔も持つ会社です。

特に康和ホームの場合、「ACOシステム」という下請けや孫請け会社に頼らない独自のシステムを構築しており、コストの最適化や責任の明確化などを実現しています。

また住協では、土地は自社物件の建築条件付き売地を豊富に所有していますし、設計施工に関してはグループ会社の住協建設が担当。アフターフォローまで万全です。

マックホームも自社の設計プランナーや建築士など家づくりのプロフェッショナルが一気通貫で対応をしており、より信頼感のある不動産会社だと言えます。

自社物件ならアフターフォローも充実!

J-ECOのイメージ画像

J-ECO/住協HP
http://www.jyu-g.co.jp/building/j-eco.html

自社で設計・施工される物件であれば、アフターフォローも期待できます。なぜなら、外部の施工会社に委託する場合と違って、余計な中間マージンが発生しないので、その分サービスに転換することが可能だからです。

取り上げた5社の中では、「住協」が、保証期間最長35年とダントツ。グループ会社で「販売・施工・保証」すべてを一貫しているからこそ、可能なアフターフォローとなっています。

このように、不動産会社の「自社物件」には、品質とコストの両面で大きなメリットがあります。これから志木エリアで住まいを検討している人は、ぜひ選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

>>志木市で不動産を購入するならココ!厳選5社に戻る<<

志木駅周辺の住み心地をチェック!

志木駅イメージ画像

埼玉県志木市は、東京圏のベッドタウンとして注目のエリア。駅周辺も大型ショッピング施設や商店が多数並び、学校や病院など生活に欠かせない施設も充実しています。隣駅の柳瀬川には志木ニュータウンが所在するなど、中古マンション物件も豊富な土地柄です。

東武東上線イメージ画像

さらに最近では、東武東上線の東京メトロ・東急東横線の相互乗り入れにより、ますます目が離せなくなってきています。 また、志木駅がある埼玉県新座市も、東京都に隣接するベッドタウン。市内にはJR武蔵野線や関越自動車道が通っており、どちらかといえば車が中心となる街です。

志木駅には東口と南口にそれぞれバスターミナルがありますが、南口(新座市方面)のバス便のほうが充実しているという傾向にあります。

一人暮らしをしている人の口コミ

志木駅の周辺は犯罪件数が少なく、治安がとても良い地域です。そのため、女性でも安心して一人暮らしをすることができます。

また、物件に関しては駅周辺以外は築年数の古いものが多く、比較的安めの物件が揃っています。そのため、一人暮らしでも無理なく支払える、手頃な価格の物件が見つけやすいでしょう。

では、実際に志木駅の周辺で一人暮らしをしている方の口コミをご紹介します。

  • スーパーやコンビニが近くにあるので便利です(25歳・女性)

駅周辺には、スーパーやコンビニ、薬局などがあるので、買い物には困りません。また、駅周辺は人通りが多く、夜も賑やかなので、一人暮らしでも安心です。カフェやカラオケなどもあるので、遊ぶ場所も充実しています。

  • 治安が良いので落ち着いて暮らせます(28歳・女性)

治安が良く、落ち着いた雰囲気が気に入ってます。駅前にはスーパーや飲食店があるので、一人暮らしには最適な場所だと思います。また、東武東上線が通っていて急行で池袋まで行けるのも便利です。

  • 交通のアクセスがいい(27歳・男性)

東武東上線の急行停車駅が近くにあるので、交通のアクセスがいいです。始発駅なので、確実に座ることができるのも嬉しい。また、駅周辺には商業施設やスーパーが充実してるので、近所で生活用品は全て揃えられます。公園も近くにあるので、自然豊かで住みやすいです。

>>志木の一人暮らし情報の詳細はこちら

ファミリーで暮らしている人の口コミ

  • 近くに何でも揃ってるので便利!(33歳・女性)

近くにスーパーや学校、病院、薬局など、いろいろな施設が揃ってます。道が広くて見渡しがいいので、子供も安心して歩けます。駅内や周辺に飲食店があり、家族で食事するときも困りません。

  • 学校が近いので安心(38歳・女性)

小中学校が近くにあるので、通学がとにかく便利です。また、公園も近くにたくさんあるので、休日に子供と遊ぶこともできます。利便性と心地よい環境、両方を兼ね備えた子育てしやすい街だと思います。

  • 通勤しやすい(46歳・男性)

駅から自宅まで徒歩で行けるのが嬉しいです。東武東上線のほかにも、地下鉄有楽町線、地下鉄副都心線などいろいろな路線が通ってるので便利です。また、自転車だとJR武蔵野線、北朝霞駅などにも15分程度で行けるので、通勤時かなり助かっています。

>>志木のファミリー向け情報の詳細はこちら

本サイトでは、志木駅周辺で営業展開する不動産会社17社の情報に加え、志木市の不動産価格相場や生活情報、不動産入手に関する基礎知識なども取りまとめています志木市での住み替えをお考えの方には参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください。

志木市周辺住み心地イメージ画像

志木駅周辺の不動産相場はコチラ

志木駅周辺(志木市および新座市の一部)の不動産相場について、一戸建て、マンション、土地のそれぞれについて調べました。また、売却事例も紹介しています。

不動産相場を自分自身で調べる2つの方法

志木にお住まいの方で、自分の家や土地の不動産相場が気になった時に、自分自身で調べる方法が2つあります。一つは「近隣の似ている物件の過去の取引価格を調べる」もう一つは「近隣の似ている物件の今現在の売り価格を調べてみる」方法です。

自力での調査ですので正確な価格ではなくあくまでも相場の目安です。しかしある程度価格を把握することは、今後の土地売買をする中で不動産屋さんと話し合うために必ず役に立つ知識ですのでぜひ調べておきましょう。

1.近隣の似ている物件の過去の取引額をチェック

まずは近隣の似ている物件の過去の取引額をチェックする方法です。過去の価格とはその住宅や土地が「実際に売買された価格」の事を指します。

志木での不動産価格が気になった場合は国土交通省の「土地総合情報システム」で調べる事が可能です。このサイトは過去の不動産購入者を対象として実施したアンケートを元に厚生されているので、実際の価格に近い数字を調べる事ができます。

調べたい土地の周辺の地価相場がわかるだけでなく、その地域の過去の不動産売買が数値化されているので、過去から現在までその土地が需要のある土地か、安定している価格なのかも網羅できるので大変便利です。

ただし過去に高く売れたからと言って現在も高く売れるかどうかは分かりません。自宅付近のデータだけなく、近隣の都道府県の土地の価格も比較する事ができるので、現在自分の土地が近隣地域の中でどのくらいなのかも比較しておくといざ売却するときに多いに役立つこと間違いなしです。

2.近隣の物件の今現在の売り価格を調べてみる

近隣の物件の今現在の売り価格を調べるなら土地の価格相場を知ることができる「公示地価」た「基準地価」などの地価情報サイトがおすすめです。

中でも国土交通省のサイトは不動産鑑定士も利用しているので精度が信用できます。しかしすべての土地を網羅しているわけではないので、あくまでも「似たような土地」の参考価格でしかありません。またその売却価格を知りたい場合、路線価図で調べる事が可能です。

志木ならばその周辺の駅の土地の価格を調べると参考になります。調べる方法は最寄駅や最寄駅からの距離、物件の広さ、間取りや築年数、などの情報を入力して調べます。ヒットする物件がなくても平米単価や坪単価などでも比較ができますので、なるべく似たような情報を抽出してあらゆる角度から比較する事がおすすめです。

そのためには一つのサイトから調べるのではなく、いくつかのサイトを参考にするとよいでしょう。また、ある程度把握できたからと言ってその価格で売却できるという保証はありません。

簡易的に知りたいならネット検索がオススメ

志木で不動産相場を知りたい場合はネットでの検索がおすすめです。通常、不動産相場を調べる時は町の不動産屋へ依頼するか不動産鑑定士に依頼するのが一般的です。しかし町の不動産屋になじみがなかったり、不動産鑑定士にツテがなかったり、なかなか敷居が高いというイメージもあります。

しかしインターネットで調べる場合はパソコンさえあれば手軽にできる上にほとんどが無料で見ることができるので自分の土地や家の不動産相場を把握する程度ならお勧めです。

中でも国土交通省のサイトである「土地総合情報システム」は実際に不動産売買をした人からアンケートを取り、その数値に基づいて長年積み重ねたデータなので信頼できる情報でもあります。国土交通省のサイトだけでなく、住宅メーカーのホームページや不動産情報の比較サイトなどでも不動産相場を調べることができます。

ネット検索で調べる場合は過去のデータだけでなく、近隣の似たような土地の不動産相場の現在の価格を把握することも可能です。路線価格など路線に沿った価格なども自分で調べる事ができるのでとても便利です。

一か所だけから情報収集をするのではなく、多方面からあらゆる視点で土地に関する情報を入手して土地情報に強くなりましょう。

ネット検索がオススメできる3つの理由

志木の不動産相場を調べるならネット検索がおすすめです。不動産相場をネット検索するには以下の3つ理由が挙げられます。

まず「リアルタイムでの情報収集が可能になる」そして「欲しい情報のみを調べる事ができる」最後に「リンク先に飛ぶことで似た情報が調べられる」という3点です。

最近ではパソコン以外からでも携帯電話やスマートフォン、タブレット端末からも調べる事ができるので、とても便利です。自分で信頼できるサイトを探して調べる事がポイントです。

1.リアルタイムでの情報収集が可能になる

ネット検索で志木の不動産相場を調べる場合「リアルタイムでの情報収集が可能」となります。土地や家の値段は変動しやすいものです。

その年に住みたい町ランキングで上位に入る町の相場は急騰したり、駅の施設が新しくなって人気が出たり、逆に施設の恩恵が受けられずに衰退したりなど浮き沈みの激しいところもあれば、毎年ずっと似たような価格を維持している場合あります。

国土交通省のサイトや、ハウスメーカー、不動産業者のサイトなどは常に最新情報を公開しているうえに、その土地の過去のデータや今人気のある土地の価格などを調べる事が可能です。常に新しい情報を入手し、自分の土地や家の相場の最新情報を入手しておくことをおすすめします。

2.欲しい情報のみを調べることができる

志木の不動産相場をネットで検索する場合のメリットとして「欲しい情報のみ調べることができる」点にあります。

土地の価格には「実勢価格」や「公示地価」「基準地価」「相続税評価額」「固定資産税評価額」「鑑定評価額」などいろいろ存在します。不動産鑑定士に依頼する場合、これらの価格を算出してきますが、そこまで知りたいのではなくちょっと調べたいだけという場合、どの価格で調べたらいいか項目で検索ができるので便利です。

一番目安となりそうなのは「公示地価」もしくは「基準地価」で、市場取引でも指針となっているので、自分で把握する場合でも標準値を知るにはお勧めです。また「今の価格」を知りたい場合なら「実勢価格」がおすすめです。

3.リンク先に飛ぶことで似た情報が調べられる

志木の不動産相場を知っておくためにはネット検索がおすすめですがその理由として「リンク先に飛ぶことで似たような情報が調べられる」というメリットがあります。

例えば自分の不動産相場を知りたい人の為に、不動産相場を調べられる「まとめサイト」「比較サイト」などがネット上にはたくさん存在します。これらのサイトを渡り歩く事により、あらゆる角度からの不動産相場を知る事が可能です。

また、見積もりを計算できるサイトなどもありよりリアルな相場を計算できるケースもあります。それぞれのサイトによって特色があるので、自分で信頼できるサイトを探して常に最新の不動産情報を入手できるようにしておくといざというときに便利です。いろいろなサイトを見てみましょう。

ネットで物件を探す時の注意点「おとり物件」とは

ネットで物件を探すときには、おとり物件に注意しましょう。おとり物件というのは、すでに埋まってしまった物件を、まるでまだ空いているかのように宣伝に使って、自社に相談にくる人の数を増やそうという悪質な手法のことです。

もちろん、すでに埋まってしまっているので、相談に行ってもその物件はないと言われてしまいます。その代わりに別の物件を紹介されるのですが、おとり物件ほど優良でないのが普通です。

おとり物件は異常に条件がよかったり異常に安かったりするのでどうしても目に留まってしまうのですが、これには騙されないよう注意しなければいけません。

おとり物件を掲載して人を集める行為は違法です。具体的には景品表示法4条1項3号で禁止されています。

ですが、まだまだおとり物件を使って人を集めている業者は少なくありません。特にネットの世界では大量にその存在が確認されています。素人にはおとり物件を見破ることは難しいですが、そうしたものがあるのだと認識しておくだけでも一定の効果はあるはずです。

その他にもあるネット検索の注意点

賃貸マンションやアパート、新築の土地探しや戸建てなどの不動産を探すときには、ほとんどの人がインターネットを利用します。

住みたい土地を入力すると様々な不動産情報サイトが出てくるので、とても便利な方法です。

しかし、インターネットで検索する際にはいくつか注意する点があります。

まず一つが、インターネットに出てくる情報は古いことが多いということです。

不動産サイトに誘導するために、企業側は優良物件や人気の物件を最初の方に表示させます。中には、契約済みの物件でも、集客のためにサイトに載せているという場合もあります。

そのため、実際に不動産業者へ足を運んだら気になっていた物件はなくなっていた、ということも十分考えられるのです。

全てがそのようなシステムになっているわけではありませんが、覚えておくと良いでしょう。

もう一つが、条件についてです。

たとえば賃貸物件を探す場合、家賃や広さ、駅までの距離、築年数などを条件設定して絞り込み探すことが出来ますが、インターネットでは実際のきれいさや周りの環境などは知ることが出来ません。

条件設定のみでは良い物件と思っていても、実際に契約して住んでみると周りの環境が悪かったり、お風呂が狭かったりなどのトラブルが起きてしまうことが考えられます。

そのため、インターネットで検索をしたあとも、必ず実際に物件に目を運び、自分の目で隅々まで確かめてみることが大切です。

エンドユーザーのサイトでチェックしておくのはココ!

実際に仲介業者を利用して不動産を購入、または賃貸契約をした人の声が聴けるのが、エンドユーザーのサイトです。

エンドユーザーのサイトでは、物件の良し悪しだけではなく、仲介の不動産業者の対応や評価なども知ることが出来ます。

条件に合う不動産がなくて親身になって必死に探してくれた、何度も条件を変更しても嫌な顔をせず一生懸命対応してくれた、など企業を良く評価している場合、その企業を利用すると良いでしょう。

不動産の情報は一つの企業で独占しているわけではなく、様々な企業で情報を共有している場合がほとんどです。そのため、仲介業者選びはとても重要になります。

対応が早くてサービスが良い企業で不動産探しをすることで、より良い物件に出会える確率も高くなりますので、しっかりチェックしておきましょう。

ネット検索はあくまで希望に近い物件を探すもの

このように、インターネットにて物件を探すというのは、良い物件があったからすぐに決める、という方法ではありません。

あくまで参考程度に、希望に近い物件のいくつかを選ぶというような形で使うと良いでしょう。

また、新築で土地を購入する場合などは、土地がある市や町から選ぶということも非常に重要です。

新築購入では、気軽に引っ越しすることはなく、ほとんどの人が何十年という長い年月をその土地で過ごします。

そのため、子供の教育に力を入れている町や市、治安が出来るだけ良い土地を選ぶことが大切になります。

そのような場所に関する情報もインターネットで検索することが出来ますので、よく調べてみましょう。

例えば、都心から少し離れた場所でおすすめなのが、埼玉県の志木市です。

志木市は、自然も多く、また交通の便も良いためファミリー層がたくさん住んでいる町です。その住みやすさから、年々人口が増えて、一戸建てを購入する人も増えてきています。

また都心に比べて土地が安いため、新築の場合は上物にお金をかけることが出来、また希望より広い土地を購入することも可能になります。

このようにおすすめの土地や市を探して、賢く物件探しを行うことが重要です。

気になった物件は見学しよう

さて、インターネットにて気になる物件があった場合は、優良な不動産仲介業者へ足を運んで実際に見学をしてみましょう。

見学をする際には、状況によっては鍵が借りられず見られないこともあるので、電話予約を入れておくのがおすすめです。

また見たい物件が複数ある場合は一日では回りきれない可能性もありますので、別日の予約も入れておくと良いでしょう。

予約を入れたら仲介業者へ行って、担当スタッフの車で実際の物件がある場所へ行きます。

その際、その場所へ行くまでの道のりなどもチェックしておくと良いでしょう。

見学する場所についたら、物件に入る前に周辺情報を見ておきましょう。周りの雰囲気や住人の雰囲気、ゴミステーションの場所、公園や交番などの公共施設の有無などチェックポイントはたくさんあります。

気になった部分は担当者に聞きながら、慎重に確認していきましょう。許可が下りる場合には、写真を撮っておくという方法もおすすめです。

物件見学をするときに見るべきポイント

さて、実際に物件を見学するにあたって、内観で見るべきポイントはたくさんあります。

たとえば、賃貸物件の場合は、部屋の広さ、綺麗さ、クローゼットなどの建てつけ、日当たりの良さなどです。

賃貸物件の場合はもともとついてある家具や収納をカスタマイズすることは難しいため、このような場所をチェックしておくと良いでしょう。また、日当たりの良さについては見落としがちなポイントの一つです。

日当たりが良いと、洗濯物の乾きが早く、また朝も起きやすく冬も温かいなどの様々なメリットがあります。逆に日当たりが悪いと部屋が暗く感じ、昼でも暗く見えてしまうなどの問題が起きることがあります。そのため、お昼時か午後の早い時間に予約をいれるのがおすすめです。

夕方や夜の場合には、日当たりの良し悪しが分かりづらいので、なるべくは上記の時間帯にすることがおすすめです。

また、実際に住む人数のことも考慮してチェックしてみましょう。一人暮らしの場合は問題ないですが、二人暮らしを想定している場合、寝室の広さは足りているか、プライベートが守られるような仕切りはあるか、などのチェックポイントが必要です。

また、中古の戸建て物件などの場合は、綺麗さや立てつけの悪さなどは、あとで自分でリノベーションすることが出来ますので、参考程度に見ておくと良いでしょう。

戸建て物件で見るべきポイントは、変更することの出来ない間取りや広さです。

戸建ての場合は引っ越しする可能性が非常に少ないため、家族の人数、または増える予定の家族の人数を考慮し、その広さで無理なく過ごせるかどうかを判断基準にしましょう。

また、子供の将来のことを考え、学校の近さや公園の近さなどもチェックしておきましょう。同時に、自分の通勤経路がどのようなルートになるか、なども見落としがちなポイントですので、見ておきましょう。

賃貸とは違い、長い目で見たときのチェックポイントが増えてきますので、時間の許す限り慎重に見学を進めていきましょう。

見学で見落としがちな部分

物件の見学では、見落としがちなポイントもたくさんあるので、おさえておくとより良い物件を選ぶことが出来るでしょう。

たとえば、換気扇です。換気扇をチェックする人は少ないですが、実は見ておけばよかった、と後悔することが多いポイントです。

実際に換気扇を回してみて、音がうるさくないか、きちんと換気はされるのか、というところを見てみましょう。

もう一つが、共有部のスペースです。賃貸アパートやマンション物件の見学に行く際、この部分はとても重要です。

自転車置き場やゴミステーションなどは、住人が共有で使う部分です。使い方綺麗かというところを見れば、住人のマナーや人柄が少し見えてきます。

治安の良さを求める場合は、必ずチェックするべき、見落としがちなポイントです。

普段は気にしないような部分でも、自分が長い期間住む家ですのでしっかりチェックしましょう。そうすることで、より良い生活水準を満たすことが出来ます。

利用する不動産会社の得意な事業を確認しよう

不動産会社には、それぞれ強みというものがあります。そもそも賃貸に強いのか売買に強いのかでも、利用時には大きな差が生まれます。一戸建てに強い会社もあれば、マンションに強い会社もあるでしょう。例えば埼玉県の志木周辺など、特定の地域に強みを発揮する会社も存在しています。不動産会社の利用時には、その会社が何を得意にしているのか確認する必要があります。

自分のニーズを満たしてくれる不動産会社であるかは、その会社の規模やサービスのレベルよりも重要になってくることが多いです。例えば、できるだけ安い家賃で借りられる物件を探しているのに、高級マンションに強い不動産会社に相談に行ってもあまり意味はありません。自分のニーズと会社の強みが合致しているかどうかも、不動産会社選びの際にはチェックしておくべきでしょう。

大手なら何を得意にしているのかは割とすぐに分かります。株式会社なら情報公開もされているので、一通り調べてみることをおすすめします。

複数の不動産会社を利用すると視野が広がる

たった一つの不動産会社とだけ付き合っていくのは危険です。なぜなら、その不動産会社が優良であるかどうかの判断も付かなくなるからです。物件の水準やサービスのレベルが低くても、それが当たり前なのだと思い込んでしまうことがあります。

複数の不動産会社を利用するだけで、そうした危険は回避できます。それぞれの会社のいい部分も悪い部分も見えてきますし、より良い物件に巡り会える可能性も高くなります。複数の不動産会社を利用すると単純に候補となる物件の数が増えるのがその理由です。

全体的に視野を広めることができるので、物件探しの際には最低でも二社には相談に行くようにしましょう。できれば大手から中小まで、十社以上の中からベストなところを選ぶようにするのが理想です。

相談だけなら基本的にお金を取られることはありません。ですから複数の不動産会社を利用しても、出費が大きくなるわけではありません。確かに時間や労力はかかりますが、それらはより良い物件に巡り合うためには必要不可欠なものです。

不動産会社から不動産を購入する時の流れ

不動産の購入に慣れているという人は少ないはずです。普通の人は、初めて不動産を購入し、そしてもう二度と購入はしなくなるものだからです。人生で一度きりの大きな買い物になるので、分からないことが数多く出てきても不思議はありません。購入をするにしても、事前の勉強は欠かすことができないでしょう。

まだ具体的に予定が決まっていなくても、最低限、購入の流れぐらいは確認をしておきましょう。一生賃貸で済ませようと考えている人でも、一般常識として購入の流れぐらいは把握しておきたいものです。

不動産は動産と違い、購入までには多くのハードルを乗り越える必要があります。時間も労力もかかってしまうのですが、それを惜しむと後悔することになるので気をつけましょう。

1.希望する条件を決める

まず一番初めにやることは、条件決めです。自分の中で絶対に外すことができない条件が何なのかを考え、具体的にリストアップしておく作業が必要になります。最低限外せない条件が決まらないことには、物件を絞り込んでいくことすらできなくなるからです。

部屋の広さはもちろん、細かい設備に関してもよく考える必要があります。また、立地もこの時点である程度は決めていくことになるでしょう。通勤先までどのぐらいの時間がかかるのか、周囲にコンビニやスーパーはあるのか、考えるべきことは多岐に渡ります。

家賃がいくらまでという条件は、物件選びの際には便利なものとなります。そのため多くの人は、家賃を基準にして絞り込みを行うことが多いです。

2.条件に合う不動産を探す

条件が決まれば、それに合う不動産物件を探していきます。昔はこの作業が最も大変でしたが、今はそうでもありません。数十万という空き物件の中から、条件に合ったものを瞬時に絞り込むことができる検索システムが普及しているからです。

素人でも、自宅にパソコンがあれば、簡単に物件探しは進められます。ただ、不動産会社に足を運んでみるのも悪くはありません。ネットで自力で探すにしろ、最終的には不動産会社のお世話にならなければいけないからです。

不動産会社に相談をする場合でも、条件を提示すれば、それに合った物件は数分で絞り込んでくれます。時間はあまりかかりません。中には、ネット公開されていない掘り出し物の物件を紹介してくれる不動産会社もあります。

3.物件を見学する

ある程度まで物件の数を絞り込むことができれば、それぞれの物件に足を運んで、自分の目で状態等を確認していきます。この作業のことを「内見」と呼んでいますが、内見は不動産物件選びで最も重要なものの一つです。なぜなら、パソコンの画面上でその物件のデータを眺めているだけでは分からないことが多いからです。

例えば、その物件の窓からどういった景色が見られるのかも現地に行ってみなければ分かりません。建物自体の古さや部屋の雰囲気も、写真で見ているだけでは本当のところが理解できません。これらを確認しておかないと、後悔をしてしまうことも多いです。

不動産会社の担当者に内見の申し込みをすれば、現地まで連れていってくれます。基本的に無料なので、積極的に申し込んでみましょう。

4.資金繰りを決める

契約の前に、本当にその不動産物件を購入することができるのか確認しておく必要があります。中古物件で値段が安いなら問題はないのですが、新築なら基本的には住宅ローンを利用することになるでしょう。

住宅ローンは、銀行に依頼をしても断られてしまうケースが少なくありません。自分でも住宅ローンが使えるのか、まずはそこの部分から調べておく必要がありそうです。

返済計画も、無理のないものにしなければいけません。具体的に資金繰りを考え、間違いなく完済できると言えるようにならなければ、契約には至れません。

ちなみに、ローンにも様々な種類があります。どうすれば最もお得に不動産の購入ができるのか考えておかなければ、将来的に数百万という差が生まれてしまうこともあります。金利タイプの選択などにも注意しましょう。

5.契約して引き渡し

返済計画にも目処が立ったら、契約をして不動産を引き渡してもらいます。契約時には、重要事項の説明をしてもらえるので、よく聞いておきましょう。一度契約をしてしまうと、簡単に契約解除をすることはできなくなります。

多くの場合で、契約時に手付金を支払う必要があることも知っておきましょう。一般的には「解約手付」とも呼ばれていますが、これを支払っておけば、相手方が約束を果たす前なら解約をすることができます。ただし、相手方が約束を果たすために行動を起こしているなら、解約はできません。

また、瑕疵担保責任についても正しく理解しておかなければいけません。引き渡しが終わった後、不動産に問題が発生したときには、これを頼りに補償を求めていくことになります。

最終的には不動産会社に相談して決めるといい

志木の不動産相場を調べる時にインターネットで調べることをお勧めしてきました。近年では誰でも簡単に無料で調べる事が可能なので、自分の家や土地の相場をすぐに見たい時などにはとても便利です。

しかしインターネットで調べる事ができるのはあくまでも目安で、自分の家や土地の正確な価格を知る事はできません。自分の家や土地の正確な相場を知りたいのであれば不動産屋に相談するか、不動産鑑定士に正式に依頼する事をお勧めします。

不動産屋や不動産鑑定士のようなプロにお願いする事で、自分の家や土地の正確な価格が把握できるほか、税金の計算などもしてもらえます。ネットで無料で調べるのとは違い、料金もかかってしまいます。

正確な相場情報を知るためにはそれなりの対価も必要です。不動産屋の場合は価格を算出した後、土地や家をどう運用するかなど先を見越した相談にも乗ってもらえますので、最終的には不動産屋、もしくは不動産鑑定士にお願いする事がおすすめです。

注文住宅と建売住宅、どっちがいいの?

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットでまず第一に挙げられるのが、購入手続きが簡単なことです。

建売住宅は、売主業者によって建てられた住宅を敷地ごと購入するものです。そのため、資金の流れが非常にシンプルで、売買契約の際に手付金を支払い、残りは住宅ローンで借りるだけでOKなのです。

また、設計から考えなければならない注文住宅と違い、建売住宅は既に出来上がった状態の住宅を購入します。そのため、打ち合わせに取られる時間が少ないこともメリットと言えるでしょう。

そのほか、隣人とのトラブルが発生しにくいということも建売住宅のメリットです。その理由は、複数の棟が同時に売り出されている場合、隣接した住宅との敷地境界を明確にされることが多いからです。

隣人トラブルの中でも多いのが、「自分の敷地内に隣人のものが置かれている」「隣人が自分の敷地内に勝手に入っている」などの事例です。それらは全て敷地の境界線が曖昧なことが原因なので、明確になることで解決するでしょう。

建売住宅のデメリット

建売住宅は既に完成した住宅を購入するため、間取りや設備などが自分の思い通りにならないという点がデメリットです。部分的に間取りの変更やオプションで設備の取り換えをすることは可能ですが、全てを自由に変えられるわけではありません。

また、建売住宅は建物のデザインが画一的になりがちで、場合によっては隣家とそっくりなものになることもあります。外観は特に気にしないという方にはいいかもしれませんが、見た目もこだわったものにしたいという方には不向きと言えるでしょう。

そのほか、建売住宅は、注文住宅と違って建築の過程を見ることができないのもデメリットです。建築の様子が分からないと、きちんと工事が行われているのか不安が残ってしまいます。さらに、敷地が細かく分けられるので、隣家との間隔が狭くなるケースも多いというデメリットがあります。

注文住宅のメリット

注文住宅の大きなメリットは、住宅の間取りや設備を全て自分好みにできるという点です。そのため、細部までこだわった住宅を建てたいという方にはピッタリと言えるでしょう。また、建売住宅と違って土地も自分で購入するため、自分の好きな土地に家を建てられるのも魅力です。

そのほか、着工前から工事完了に至るまで、建築の過程を全て確認することができるのも注文住宅のメリットです。建築過程を詳しく確認することで、完成したときの満足感も高まります。

さらに、注文住宅は、間取りや設備を全て自分の希望通りにできるということから、設計次第で予算を抑えることが可能です。本当に必要なものだけを残し、不要なものを排除することで、希望の予算内で住宅が建てられます。

注文住宅のデメリット

間取りや設備などを全て自分で指定できるというのが注文住宅の魅力ですが、その分打ち合わせに取られる時間が多いというデメリットもあります。

また、注文住宅は、建売住宅と違って土地と建物を購入しなければならないため、資金計画が煩雑になりがちです。場合によっては、土地を先に購入して住宅を建てると、金融機関から土地購入資金を融資してもらえないこともあります。

さらに、金融機関によって住宅ローンの一部実行分として土地購入資金を融資することもあれば、住宅ローンよりも高い金利のローンでなければ融資してくれないところもあります。このようにそれぞれの金融機関で支払い条件が違うため、購入手続きが面倒な点も注文住宅のデメリットです。

>>建売・注文住宅の詳しい比較はこちら

志木市でマンションを選ぶときの選び方

埼玉県志木市は埼玉県の南部に位置する地域です。東京圏へのアクセスが良好で今では都心のベッドタウンとしても知られる地域となりました。このことから、志木市にはマンションやアパート等が増えており、都心よりも地価が安いことも相まって購入を検討している方も増えてきました。

志木駅からは東武東上線を利用すれば池袋まで直通です。また、武蔵野線を利用すれば、大宮・府中方面へのアクセスも良好です。

志木市でマンションを買いたいという場合にいくつか選び方をご紹介いたします。まず手始めに、家族構成をチェックしていきましょう。家族構成や今後のライフプランによって購入すべきマンションの間取りを決めていく必要があるからです。

夫婦と子供2人の4人家族世帯では4LDK程度は欲しいところでしょう。必要に応じて書斎やウォークインクロゼット、室内乾燥器等のオプションなどをチェックしていきましょう。

また検討する地域もあらかじめ決めておくと良いでしょう。東武東上線沿線や武蔵野線沿線などアクセスしやすい場所を選ぶことで、通勤・通学時も便利になります。

志木市でマンションを選ぶ時には、学区なども要チェック項目です。特に年収が高い方が多く住まう学区(地域)も存在していますので、ギャップを感じたくないと思う方は小学校や中学校の学区等もチェックされることをおすすめします。

また一番大切なポイントは「新築分譲マンションを購入するか、中古マンションを購入するか」でしょう。いずれを選んでも人気の高い地域は中古でも販売価格は高額ですし、駅から離れていれば、新築でも若干価格が安くなる傾向にあります。

自己資金や住宅ローンの返済シミュレーションとライフイベントなどを考慮しながら自分の財政状況に応じた住宅購入を検討していきましょう。

これらのことを全て鑑みた上での不動産購入はとても難しいことになりますが、志木市の状況に詳しい不動産の専門家に相談をしながら検討していくと、家族の条件に見合った物件が必ず見つかります。

土地を購入する際のポイント

志木市で土地を購入する時のポイントをいくつかピックアップしてご紹介いたします。まずは「一生の資産にするか」「将来的に手放す予定があるか」を検討していきましょう。

いずれにせよ将来性の高い地域の土地を探すことが先決となります。価格の安さにとらわれてしまうと、交通が不便になることも。またいくつかの土地を合わせた上でマンションが建つので立ち退きを迫られてしまったというような結果に陥ることも考えられます。

また、住宅が建てられない地域や、建築許可が出せない道路状況であることも考えられます土地を検討する時には必ず登記簿情報や住宅建築条件などを確認することも大切です。

土地を購入する=住宅を建築するという流れになることでしょう。その時には建売もしくは注文住宅かのいずれかを選ぶことになるかと思われます。これによっても土地の単価が変わることが予想されます。

もちろん建売住宅の土地を含め購入する方が安く済む可能性がありますので、既存の住宅団地などをチェックすることをおすすめします。

気をつけたいのが新興住宅地です。「駅開通予定」「新規小学校開校予定」「ショッピングモール建設予定」等という触れ込みが多く、これからの展望が期待される地域でもあります。

土地の販売価格も既存住宅地より安い傾向にあるため購入したいと思うこともありますが、まずは地域の方の口コミをチェックすることをおすすめします。ある程度まで「売れ筋の土地か」「交通インフラが増えるか否か」「小学校ができそうか」などを見極めることが可能です。

売れる土地かどうか見極めが難しい時は、その時に急いで土地を購入することは避け、しばらく賃貸物件に住まいながらその土地の動向をチェックしていくと良いでしょう。

開発が進み、分譲のスピードが加速しているのであれば、新規分譲の土地を購入し住宅建築を検討すればよいのです。タイミングを外してしまうと「暮らしにくい土地」として一生を過ごす結果につながりますので、購入のタイミングを大切にし地域の口コミ等も参考にしていきましょう。

不動産売却するなら会社の選び方が重要

志木市で不動産を売却したい場合は、1円でも高く買い取ってほしいと考えるのが自然でしょう。不動産を売却する場合は、会社の選び方も重要です。

不動産業者は少しでも良質な不動産を数多く揃え、購入希望者に対して販売することを仕事としています。そのため不動産の売却を希望している方に対しては良い条件を提示してくれます。志木市内は都心への交通アクセスが良い地域ですので、売却価格もそれなりの値がつくことが期待されます。

「少しでも高く売りたい」「もうちょっと値段に色をつけてほしい」不動産を売却する側としてはこのような考えを持つことでしょう。

ただし1社限定に的を絞ってはその駆け引きも難しくなってしまいます。そればかりではなく、業者によっては周辺環境を理由にマイナス査定をされてしまう可能性も否めません。これでは適正価格・相場での売却もままなりませんね。

地価が高騰しているとはいえ、購入時より低い価格での売却となれば残念な結果としか言いようがありません。

こんな時おすすめしたいのが、不動産の一括見積もりサイトです。複数の不動産会社とコンタクトを取ることができる上、それぞれの会社が提示した購入見積もり額と比較しながら検討することができるので、少しでも高い価格で不動産を売却したいと考える方におすすめです。

また、国土交通省がインターネットで提示する「土地取引価格情報検索」を利用すると、近隣地域で取引があった件数や坪単価を含む取引価格情報を知ることができます。これらの情報をもとに交渉していくこともできるでしょう。

条件が良い不動産会社でも、支払いが滞る場合や、契約時に売却者に不利な条件が課される場合があります。

このようなトラブルを防ぐために知名度が高い企業を選ぶ他、不動産取引が多い企業に売却を依頼することも良いでしょう。不動産の売却方法は一通りだけではありません。まずは不動産の取引に強い会社を探し出し、コンタクトを取ってみることをおすすめします。

志木市の将来性

志木市の2010年の人口は約70,000人。平成30年1月の人口は約76,000人と増加傾向にあります。古くから「東京都心のベッドタウン」という位置付けは変わらず、池袋まで直通電車があることから、人気の高い地域です。

このところ関東圏・首都圏に居住したいと考える方の中で一番関心が高いことは「首都直下型地震」に関することではないでしょうか。

この数年内に起こると予想されてから、地震等の災害リスクが少ない地域が注目されていますが、この志木市周辺には立川活動セグメントと呼ばれる活断層が存在しますが、地震の確率は100年以内に7%、直近30年以内には2%程度といわれており、地震のリスクは皆無とは言えませんが、地震が起こりやすい地域とは言えないことがこのことからわかります。

ただし地形の関係から揺れやすいことが分かっていますので、耐震対策がなされている建物を選ぶことは必須です。交通インフラに関しては、武蔵野線、東部東上線の二つの路線が利用でき、大宮や池袋方面へのアクセスが良い地域です。

病院等の医療機関も総合病院や内科など市内全域にバランス良く配置されています。買い物の環境は志木駅周辺に集中しているため日頃の買い物は若干難しいかもしれませんが、コンビニエンスストアや小さな商店などは数多くありますので便利でしょう。

これらのことを踏まえると、志木市の将来性は有望で「子育てのため長らく住まう」「新天地を探したい」等という観点から住宅を探す方にとってはおすすめできる地域であるといえます。

不動産を探す際に感じる疑問Q&A

【Q】複数の不動産会社や不動産情報サイトをチェックしたとき、別々の会社に同じ物件が掲載されているのは何故ですか?

【A】このような「物件のダブリ」が起こるのは、「レインズ」というデータベースが大きく関係しています。レインズは、簡単に言うと登録している業者のみが物件の情報を閲覧できるデータベースです。そのため、レインズに登録する仲介業者であれば、他の業者と被っていても同じ物件を紹介できるというわけです。

【Q】不動産会社の「多店舗展開型」と「地域密着型」ではどのような違いがあるのですか?

【A】多店舗展開型の不動産会社は各地に支店があるため、広範囲で物件を探してもらえます。
また、大手の不動産会社が多いため、安心感があるという点がメリットです。しかし、その分会社のマニュアルや方針が厳しく、融通が利かないのがデメリットです。一方、地域密着型の不動産会社は、地元の不動産情報に流通しているのが特徴です。そのため、特定の地域のみで物件探しをしたい方には最適です。
その反面、取り扱いエリアが小さいため、広範囲で物件探しをしている方には不向きと言えるでしょう。また、多店舗展開型の不動産会社と違って独断で営業を行っているため、多少の融通が利くのもメリットです。

【Q】各不動産会社の得意分野はどのように調べればいいのでしょうか?

【A】不動産会社ごとの得意分野を知るには、その不動産会社に直接聞いてみるのが一番です。「どのような取引が専門ですか?」と聞けば、誠実な会社ならきちんと答えてくれます。曖昧な返事や「全て得意です」などという返事をする会社は、信用できないので注意しましょう。

>>不動産会社の選び方の詳細はこちら

免責事項

このサイトは、管理人が独自で調べた情報をもとにしています(2017年12月現在)。
実際の不動産物件や会社の情報は、最新と異なる場合がありますので、必ず公式サイトで確認してください。